こども社長の魔法のブログ

(株)ケイピーエス代表取締役角田恭平による音楽・ライブハウス・人生の読み物

ライブハウスを未来に残す1つの方法:YouTube登録

ライブハウスを未来に残すために。

無料でできる応援があるとしたら。

あなたの1クリックで応援してみませんか?

 

f:id:kyoopees:20200330001508j:plain

 

2020年3月。

全国のライブハウスでイベント自粛ムードが高まっています。

 

この記事を書いている恭平 a.k.a こども社長( @kyoopees )は京都でライブハウスGROWLYや音楽スタジオAntonioを経営しています。

 

GROWLYでは実際、3月のイベントが30本中17本キャンセルになりました。

スタジオアントニオでも、ライブが減れば練習機会も減るということで、売り上げ自体は例年に比べ減少しています。

 

この状況を打破するために、いろいろな方法が模索されていますが、そのうちの一つが「ライブハウスによるYouTube配信ライブ」です。

 

ライブハウスを未来に残していくためには、減少した収益を補填する必要があります。

その方法の一つとして、ライブハウスによるYouTube配信ライブにおける収益化が潮流を起こしています。

 

しかしYouTubeで広告収益や投げ銭(スーパーチャット )を受けるためには、チャンネル登録者数1000人&総再生時間4000時間というものが必要です。

 

これはものすごい高い障壁です。

実際、私個人が運営する「ライブハウスの裏側チャンネル」では、その条件をクリアするのに1年2ヶ月、動画数は156本を要しました。

本当に長く険しい道のりでした。

 

ライブハウスによっては、著名なバンドが出てくれていたり思い入れが深かったりするので、拡散力はあるでしょう。

実際都内の某ライブハウスは、チャンネル開設から数日で1.5万人のチャンネル登録者数を獲得しました。

しかしこれは簡単な話ではありません。

ライブハウスの規模や、地方のライブハウスにとっては容易な話ではありません。

 

そこで、私も交流がある東京のライブハウス、四谷アウトブレイクの佐藤さん( @boone4649 )が発起しました。

 そして短時間でライブハウスのYouTubeリストも作られました。

 

それがこちらです。

docs.google.com

 

このリストを見ると、本当に全国各地のライブハウスでYouTubeチャンネルを開設してて、そこに希望を見出してるのだなぁと思いました。

チャンネル登録は無料ですので、その1クリックで音楽業界が救われるかも、ということでクリックお願いします。

 

特に、私が運営する「ライブハウスの裏側チャンネル」、および佐藤さんが運営する「今夜、四谷の地下室にて」はマストで登録お願いします。

 

最後に、この記事をあげて残り数時間ですが、GROWLYで「8周年を無事に迎えるためのグッズ販売」と題してグッズ販売企画を行なっておりますので、よければ購入お願いします。

 

未来にライブハウスを残すために。

 

 

関連記事です。

今回のイベント自粛ムードに向かった経緯です。 

www.kyoopees.net

 

ライブハウスが収益を求めるべきか?今回の件を受けて、「日々の営業を回す以上の利益」を蓄えておくことは重要なんだなと実感してます。

www.kyoopees.net

 

YouTubeはライブハウスを救う"1つの"方法だと言えます。 

www.kyoopees.net

 

続きはWebで。もしくはライブハウスが生き残った世界線で。