こども社長の魔法のブログ

(株)ケイピーエス代表取締役角田恭平による音楽・ライブハウス・人生の読み物

SONY α7Ⅱ、Panasonic LUMIX DMC-G8、Canon EOS Kiss X9i。YouTube初心者が一眼カメラ導入という観点でメリット・デメリットまとめてみた

カメラ沼を覗く時、カメラ沼もまたこちらを覗いている

 

今、私は、悩んでます。

 

このブログを運営している恭平 a.k.a こども社長( @kyoopees )はYouTubeチャンネルも運営しています。

そちらのチャンネルの登録者数が100人を超えたので、今後もYouTubeを続けていくことが決まりました。

 

というわけで、YouTube活動における投資をしたいと思います!

一眼カメラを買うことにしました!

 

そこで今回は、一眼カメラに関して全くの初心者の僕が、

初心者なりに調べた結果、初心者が購入すべき一眼カメラ候補3つを比較する記事になります。

 

僕と同じように一眼カメラを初めて購入検討している方、

YouTubeの動画をiPhoneで撮影してる方、

そして全てのカメラ愛好家に向けて。

 

レディゴォ!

f:id:kyoopees:20190310182016j:plain



 

動画版はコチラです。

youtu.be

 

YouTube初心者が一眼カメラ導入を検討している理由

f:id:kyoopees:20190310182410j:plain

 

初心者なりに調べた結果、良さそうなカメラが3つ見つかりました。

初心者が購入すべき一眼カメラ候補3つを比較しようと思います。

 

一眼カメラを導入しようと思い立った理由

現状、私のYouTubeチャンネルでは撮影がiPhone7編集ソフトはiMovieを使用しています。

全て、チャンネル開設より前から持っていたものなので、現状は1円も経費を投入しておりません。

 

まず撮影と編集どっちに投資しようかと考えたんですが、撮影の方に投資をしようと思いました。

 

編集は現状、YouTubeでしか使っていないし、今後もしばらくはそれ以外はやらない予定です。

 

対して、撮影の方だと

・YouTubeの自撮り

の他に

・バンドに帯同した際に、ライブ撮影やオフショット撮影ができる

ということで、一眼カメラの購入を検討しています。

撮影した動画をレーベルのYouTubeチャンネルにあげたり、DVDを作成するときの素材にもなりますからね。

 

ビデオカメラではなく一眼レフカメラを検討してる理由は、

ボケ感を操作した動画を撮りたい

からです。

 

一眼レフカメラのボディの他にも、レンズ(単焦点レンズを買おうと思ってる)、マイクあたりが大きくお金がかかりそうですね。

他にもSDカードや照明、予備バッテリー等が必要のようです。

 

ということで撮影機材を揃えるところまでは決まったのですが、カメラを何を買うか悩んでいます。

 

SONY α7Ⅱ、Panasonic LUMIX  DMC-G8、Canon EOS Kiss X9i。それぞれのメリット・デメリットをまとめてみた

f:id:kyoopees:20190310182104j:plain

今の購入候補は3つです。

SONY α7Ⅱ、Panasonic LUMIX  DMC-G8、Canon EOS Kiss X9i

この3つのどれを買おうか悩んでいます。

 

単焦点とかF値とか一週間前までは聞いたことなかったくらいの完全なド素人なんですが、最近は寝る間を惜しんで調べてます。

 

それぞれのメリット・デメリットをまとめました。

※あくまで、初心者かつ個人的な利用に対してのメリット・デメリット考察です。

 

SONY α7Ⅱのメリット・デメリット

SONYのミラーレス一眼カメラで、α7Ⅲの一つ前の機種です。

カメラ詳しい友人が一番推しているカメラです。

 

SONY α7Ⅱのメリット

今回の3つのカメラの中で唯一のフルサイズセンサーを搭載しています。

センサーサイズのことはまだよくわかりませんが、主な特徴は

・綺麗に撮れる

・撮影範囲が広い

・よくボケる

らしいです。

 

ボケ感を出したい僕にとっては、センサーサイズは重要な要素かもしれません。

 

SONY α7Ⅱのデメリット

3つの中で一番高いです。

カメラ、レンズ、マイク等を揃えると全部で16~7万円かかります。

 

撮影してる画角を確認する液晶モニターがチルト式という方式なので、

自撮りには向かないところもデメリットです。

 

Panasonic LUMIX  DMC-G8のメリット・デメリット

LUMIXのGH5という機種は多くのYouTuberが使ってる機種で、G8はその廉価版という感じでちょっと安いカメラです。

 

Panasonic LUMIX  DMC-G8のメリット

・安い(全部で11万円くらい)

・液晶モニターがバリアングルで自撮り向き

・動画を30分以上撮れる

等がメリットして挙げられます。

 

先程のSONY α7Ⅱの液晶モニターがチルト式であるのに対して、

Panasonic LUMIX  DMC-G8の液晶モニターはバリアングル式を採用しています。

バリアングル式だとレンズを向けた方向に液晶モニターを向けられるので、自撮りの時に便利です。

 

また、動画を30分以上撮れるのも、Panasonic LUMIX  DMC-G8の魅力です。

一眼レフはもともと写真を撮るものなので、ほとんどの一眼レフカメラが29:59までしか動画が撮れません。

30分以上動画が撮れると「ビデオカメラ」という扱いになり、ヨーロッパで販売する時に関税が高くなるかららしいです。

 

バンドのライブは大体持ち時間が30分で、舞台袖の登場シーンから撮ろうとすると、30分以上になる場合が多いので、これは結構大事なんじゃないかなと思ってます。

 

対談シリーズを撮る時も、話が盛り上がって30分を超えてしまい、撮れてないなんていうことを避けることができます。

 

Panasonic LUMIX  DMC-G8のデメリット

対してデメリットはセンサーサイズがマイクロフォーサーズというところです。

さっきのSONY α7Ⅱと比べて2段階下になります。

 

センサーのサイズは

フルサイズ>APS-C>マイクロフォーサーズ

らしいです。

まぁ簡単に言うと画質が落ちるみたいです。

 

せっかくお金かけたのに、現状の画質からあんまり上がらなかったら意味ないですよね。

 

Canon EOS Kiss X9iのメリット・デメリット

Canon EOS Kissシリーズという初心者向けエントリーモデルの中では上位のモデルです。

 

Canon EOS Kiss X9iのメリット

・3つの中で一番安い!(全部で9万円くらい、10万円切る)

・液晶モニターがバリアングルで自撮り向き

・センサーサイズはフルサイズとマイクロフォーサーズの間のAPS-C

あたりが挙げられます。

 

なんと言っても安いのは魅力ですね。

センサーサイズも、Panasonic LUMIX  DMC-G8より上です。

 

Canon EOS Kiss X9iのデメリット

・動画撮影が30分以下

・センサーサイズはフルサイズとマイクロフォーサーズの間のAPS-C

 

SONY α7Ⅱもそうなのですが、動画撮影が30分までしか撮れません。

メリットとデメリット両方に挙げましたが、センサーサイズは今回の3つの中で真ん中に位置します。

センサーサイズの違いが実際どのくらい影響してくるのか。

こればっかりは買ってみないことにはわかりませんが、まぁ初心者向けエントリーモデルということで画質のクオリティは期待できないのかなーと思います。

 

まとめ

f:id:kyoopees:20190310181821j:plain

というわけでSONY α7Ⅱ、Panasonic LUMIX  DMC-G8、Canon EOS Kiss X9iの3つの特徴を比較してみました。

一番安いと言っても約10万円の買い物ですから、慎重になります。

 

現状では、一番最後に紹介したCanon EOS Kiss X9iが一番コスパがいいと感じています。

 

が、カメラ詳しい友人が「絶対にフルサイズが良い!」って推して続けているので、いまいち踏ん切れないところです。

もう少し悩みます。

 

せっかく買うから、今までの画質より明らかに変わった!っていうのが無いとお金を捨てたことになりますからね。

・・・ってカメラ沼やん!

 

また実際に購入したらそのカメラのレビューも、動画とブログで紹介できたらと思います。

動画の画質が上がることも、お楽しみに!

 

 

関連記事です。

カメラをグレードアップして、またゲストを迎えてのトーク動画を撮りたいです。

www.kyoopees.net

 

YouTubeは今後も伸び続けると思います。 

www.kyoopees.net

 

買うカメラが決まったら、楽天市場で買おうと思ってます。

www.kyoopees.net

 

続きはWebで。もしくは一眼レフカメラのファインダー越しに。