こども社長の魔法のブログ

(株)ケイピーエス代表取締役角田恭平による音楽・ライブハウス・人生の読み物

カメラ初心者がSONY α7Ⅱを購入した3つの理由と同時購入した4つを紹介

ついにマイカメラを購入しました!

 

コチラの記事↓

www.kyoopees.net

 

に書いたように、だいぶ悩んだ挙げ句、

SONY α7Ⅱ

を購入しました!

 

今回は悩んでた3つのカメラからSONY α7Ⅱにした理由と、

同時に買った4つのアイテムを紹介する記事にしたいと思います!

 

YouTubeでも紹介してるので、御覧ください。

youtu.be

 

 

カメラ初心者がSONY α7Ⅱを購入した3つの理由と同時購入した4つを紹介

f:id:kyoopees:20190731191711j:plain

SONY α7Ⅱを購入した3つの理由

正直、マジで悩みました。

どれを買っても、レンズなどを含めたら10万円レベルの買い物ですからね。

 

先の記事で書いた3つのカメラで迷ったんですが、

・センサーサイズがフルサイズ

・色んな人に聞いたところ、"動画ならSONY"という意見が多かったこと

・実機を持ってみて、一番しっくり来たこと

これらを理由に決断しました。

 

ちなみに、α7Ⅱはマップカメラで中古で購入しました。

 

センサーサイズがフルサイズ

カメラにはイメージセンサーというものがあって、サイズの違いがあります。

 

悩んでいた3つも、センサーサイズが大きい方から

フルサイズ>APS-C>マイクロフォーサーズ

の違いが有りました。

 

カメラに詳しい友人から、「絶対にフルサイズが欲しくなる」と言われ、フルサイズだったSONY α7Ⅱにしました。

 

動画ならSONYという意見が多かったこと

ライブハウスにカメラマンはたくさん来ます。

が、基本的には動画ではなく写真を撮るカメラマンです。

写真を取るカメラマンは、CanonかNikonが多いのですが、多くの人が口を揃えて

「動画ならSONY」

と言います。

 

イメージ的にも、SONYは家電に強い印象があったので、α7Ⅱを選んだ理由を後押ししました。

 

実機を持ってみて、一番しっくり来たこと

正直、これはかなりデカい理由でした。

前の記事で上げた3つの他に、実はCannon 6D markⅡという機種が有力候補としてありました。

むしろ、直前まで6D markⅡを買うつもりでした。

 

しかし、カメラ量販店で実際に持ってみたら、、、

重い!!!!

そしてデカい!!!!

 

SONY α7Ⅱが599g(バッテリー込み)

に対し、

Canon 6D mark Ⅱは765g(バッテリー込み)

です。

 

数字ではわかりにくいかもしれませんが、持ったときにははっきり違いを感じました。

 

そして、ライブ撮影を想定しているので、少なくとも30分間連続で構えることを考えると、30分も持てる自信がなかったのです。

 

なので"持った感じしっくり来た"α7Ⅱを選びました。

 

SONY α7ⅱを購入したけど一つだけ心残りが

但し、一つだけ心残りがあります。

 

それは、液晶モニターがチルト式なことです。

ライブ撮影の他に、自撮りをすることを想定していたので、

これは大きなポイントの一つでした。

チルト式では、自撮り中にどんな画角で撮れてるかが確認できません。

 

対抗馬だった6D markⅡはバリアングル式です。

バリアングル式だと自撮り中に自分の方に液晶モニターを向けれるので自撮りに適しています。

 

SONY α7Ⅱを選びましたが、これだけが唯一心残りです。

 

SONY α7Ⅱと同時に購入した4つのアイテム

カメラボディだけでは撮影できないので、同時購入した4つのアイテムを紹介します。

 

SONY SEL 85F18 ソニー FE 85mm F1.8(単焦点レンズ)

単焦点レンズの中でも、焦点距離が長いものを選びました。

というのも、ライブ撮影だとあまり出演者に近寄れないと思ったからです。

そして遠くから撮影しても背景がよくボケるので、美しい映像が撮れます。

 

しかしこちらも、自撮りする場合は遠くにカメラを設置しなければいけないので、85mm F1.8の1本だけではすぐに限界が来そうです。

 

RODE Video Micro(外付けマイク)

α7Ⅱを購入する前に、友人からSONY α6000を借りていました。

この時に感じていたのが、音質です。

 

iPhoneに比べると、ちょっとハイキツめに感じていたので、

より音質を高めるために、外部マイクを探しました。

 

こちらのRODE Video Microはウインドシールドセットで6,720円(税別)だったので、外部マイクを試すにはいい値段だなと思い購入しました。

 

比較動画も撮りました!

youtu.be

 

SONY BC-TRW BC-VW1(互換充電器)

いろいろ調べてる中で、SONY α7Ⅱの欠点として挙げられるのが、充電の持ちの悪さでした。

なので、2個同時に充電できるコチラの充電器を購入しました。

 

僕が購入したのは互換充電器ですが、純正のものを載せておきます。

 

SONY NP-FW50(純正バッテリー)

電池も純正のものを購入しました。

互換性のあるサードパーティ製(別の会社が作った廉価版)もあったのですが、

電池は純正のものが安心できるなと思って購入しました。

 

まとめ

f:id:kyoopees:20190731191819j:plain

というわけで、しめて16万円!の大きな買い物になりました。

無駄な出費にならないよう、使いこなしていきたいと思っています。

 

が、早速「こうするためにはあのアイテムが必要だな」とか

「あのレンズも試してみたいな」と、いわゆるカメラ沼にハマりかけています。

 

財布と相談しつつ、クオリティの高い映像作品を作っていけたらと思っています。

 

 

関連記事です。

カメラを買った理由の1つはライブ撮影ですが、もう1つはYouTubeです。

www.kyoopees.net

 

今回はすべて楽天とAmazonで購入しました。

www.kyoopees.net

 

僕はカメラ初心者ですが、ライブハウス初心者に向けて。

www.kyoopees.net

 

 続きはカメラ量販店で。