こども社長の魔法のブログ

(株)ケイピーエス代表取締役角田恭平による音楽・ライブハウス・人生の読み物

タバコ代が1/3に!最新ヴェポライザーWEECKE C-VAPOR3を試してみた

タバコを辞めたいけど辞めれない・・・。

もし、"禁煙せずに健康に節約出来るタバコ"があるとしたら、あなたはどうしますか?

そんな夢の様な話は本当にあるのでしょうか。

 

この記事を書いている恭平 a.k.a こども社長( @kyoopees )は禁煙を達成しました。

禁煙のメリットはいくつもあります。

その中でも「節約」は大きいメリットだと感じています。

 

たばこ税増税の影響で、2018年10月にはタバコが一斉値上がりするそうです。

禁煙はしない(出来ない)にしても、喫煙しながらちょっとでも節約出来た方が良いという人は多いのではないでしょうか?

 

今回はWEECKE(ウィーキー)のC-VAPOR3(シーベイパー3)という最新ヴェポライザー

タバコを辞めずに健康に節約できる」というキャッチコピーと共に発売されたということで、実際に試してみたいと思います。

 

ヴェポライザーって何?

めんどくさくないのか?

吸い心地は?

本当に節約出来るのか?

身体への影響は?

タバコの代わりになるのか?

デメリットは無いのか?

様々な角度からレビューしていけたらと思います!

 

レディゴォ!

 

 

ヴェポライザーとは

f:id:kyoopees:20180826001803j:plain

ヴェポライザーとは、シャグ(手巻き用のタバコ葉)が気化する200℃前後まで電気などの熱であたため、蒸発した成分を吸入する器具のことです。

紙巻きタバコと違って葉を燃やすわけではないので、燃焼させたときに発生する毒素やタールや一酸化炭素などの有害物質を含む煙はほどんど発生しません

 

紙巻きタバコとヴェポライザーの違い

紙巻きタバコ(メビウスやマルボロなど、コンビニなどで売られている一般的なタバコ)は先端に火をつけるので、燃焼部分は800℃に達し、出た煙を吸引します。

これに対してヴェポライザーは200℃前後でシャグを温め、シャグの中の水分を気化させ、その水蒸気を吸引します。

 

を吸引するか、水蒸気を吸引するかなので全然違うものと言えるでしょう。

 

加熱式タバコとヴェポライザーの違い

最近メジャーになって来たiQOSプルームテック加熱式タバコという意味では同じ分類に入ります。

しかしiQOSやプルームテックは専用のヒートスティックやタバコカプセルを使用します。

対してヴェポライザーは手巻き用のタバコ葉(シャグ)を使用します。

 

同じ加熱式タバコというジャンルの中でも、何を燃焼させるかという違いがあるという事ですね。

 

VAPEとヴェポライザーの違い

電子タバコであるVAPEは、専用のリキッドを加熱し、フレーバー付き蒸気を楽しむタバコスタイルの機器です。

しかし日本国内ではニコチン入りリキッドの製造・販売・譲渡は禁止されているため、国内では手に入りません。

個人輸入は制限されていないため、ネット通販で買う事ができます。

ニコチン入りリキッドとシャグを比べると、海外のサイトで買う手間や労力という点でを考えれば、シャグの方が簡単に手に入ります。

 

日本国内で販売されているというくくりで言えば、ニコチン無しがVAPEニコチン有りがヴェポライザー、とも言えますね。

 

ヴェポライザーの立ち位置

これらをまとめると、ヴェポライザーは

  • 紙巻きタバコと加熱式タバコの間
  • 電子タバコ(ニコチン入り)よりも普段使いしやすい

という立ち位置であると言えるでしょう。

 

WEECKE C-VAPOR3をレビュー

それでは、今回は最新のヴェポライザー"WEECKE C-VAPOR3"をレビューしていきます!

 

C-VAPOR3を開封してみた

f:id:kyoopees:20180825161738j:plain

丁寧にプチプチに包まれて届きました。

プチプチの正式名称は気泡緩衝材(きほうかんしょうざい)というそうです。

 

f:id:kyoopees:20180825161926j:plain

気泡緩衝材を丁寧に脱がすと、艶やかなケースが露わになりました。

 

f:id:kyoopees:20180825162021j:plain

蓋を開けると、、、

おぉ〜〜〜、高級感があってカッコいい、、

WEECKEのロゴもオシャレですね。

 

f:id:kyoopees:20180825162119j:plain

成人男性の手のひらよりちょっとだけ大きいサイズ。

手触りはマットな質感です。

 

C-VAPOR3を吸ってみた

では実際に吸ってみようと思います!

 

f:id:kyoopees:20180825162630j:plain

同封されていたマニュアルによると、使用手順は

  1. マウスピースを外す
  2. 葉を入れる
  3. マウスピースを戻す

単純明快!

 

f:id:kyoopees:20180826002146j:plain

今回はこちらのCOLTSのLYCHEEを使ってみます。

ライチ味のタバコってあるんですね。

 

f:id:kyoopees:20180825162808j:plain

こんな感じでシャグを詰めて、マウスピースを戻します。

 

f:id:kyoopees:20180829220739j:plain

このボタンを5回押すと、

 

f:id:kyoopees:20180825162928j:plain

スイッチが入り、表示温度がぐんぐん上がっていきます!

160℃〜220℃で設定温度が選べます。

今回は200℃にセットしてみました。

温度が高いほど吸い心地がキツくなるようです。

 

f:id:kyoopees:20180825163058j:plain

設定温度に達したら、後は吸うだけです。

超簡単!!

(写真 : 弊社社員K林くん。最近はアイドルプロデュースを始めました。)

 

C-VAPOR3の電源の切り方

ユーザーマニュアルには、電源の切り方は書いてなかったので記しておきます。

電源の切り方は、

・スイッチを5回押す

・4分経過でオートオフ

です。

最初は消し方がわからなかったので焦りました。

 

C-VAPOR3を実際に吸ってみた感想

僕も一口吸わせてもらったんですが、紙巻きタバコみたいにグッとくる感覚があります!

紙巻きタバコを吸ってる感覚と近いです。

 

加熱してる時に本体から煙は出ず、吸って吐き出す時に口から出ます。

これはiQOS等と同じ感じですが、煙は少ない様に感じます。

 

ニオイはかなり少ない印象です。

あのiQOS特有の燻す様なニオイは全くしません!

あのニオイ苦手なんですよね、、。

 

一口だけしか吸っていませんが、紙巻きタバコの感覚に近く、煙も少ないので、もし喫煙者なら紙巻きタバコと同じ様に吸えるなと感じました。

タバコの代わりというか、タバコの別の吸い方って感じですね。

 

僕は禁煙しているので、K林くんに被験者をしばらく続けてもらって感想を記事にしたいと思いっています。

 

C-VAPOR3は本当に節約出来るのか検証

今回使ったシャグはCOLTSだと、40gで880円。

手巻きタバコだと1本あたり0.5gくらいなので、1本で約11円です。

 

f:id:kyoopees:20180825172240j:plain

K林くんとは別の社員で手巻きタバコを吸っている社員がいるのですが、彼によると今回使ったシャグの量(写真下)は手巻きタバコで使うシャグの量(写真上)よりも少なめだったそうです。

なので1本あたり8円で計算してみると、20本で160円

僕が昔吸っていたメビウスが20本で460円なので、紙巻きタバコに比べて約1/3の費用になります。

 

確かに、紙巻きたばこと比べると節約出来そうです!

 

C-VAPOR3のキャッチコピーとしては、従来のタバコ代の1/5に節約出来るとの事です。

シャグの量を調整する事でタバコ代1/5も実現可能かも知れないなと思いました。

 

手巻きタバコの場合はシャグの他にフィルターと巻き紙が必要になるので、手巻きタバコよりも節約する事ができそうですね。

 

C-VAPOR3の身体への影響はどのくらいなのか

先に言っておきますが、

  • 健康被害がゼロ
  • むしろ健康に良い

等という事は決して無いです! 

 

あくまで、紙巻きたばこと比べて健康被害が少ないと言われています

「有害性成分が紙巻きたばこの90%少ない」とか、「副流煙が少ないから周りへの影響も少ない」と言われてますが、実際のところは「良くわかっていない」というのが現状の様です。

 

実際に試してみた感想でも、紙巻きタバコに比べて煙は少ないなと感じました。

 

今のところ分かってる範囲では、ヴェポライザーは紙巻きたばこより健康被害が少ないと言えますが、今後の研究でどうなるかはわかりません

もし使用する場合はその辺を留意しましょう。

 

C-VAPOR3のデメリット

WEECKE C-VAPOR3は紙巻きたばこに比べてデメリットはあるのでしょうか。

僕が感じたC-VAPOR3のデメリットを書いていきます。

 

シャグを手に入れるのがちょっとだけ面倒

シャグ(タバコの葉っぱ)はコンビニは売ってません。

タバコの自販機でも売ってません。

大きめのタバコ専門店にしか売ってないみたいです。

VAPEの様に海外輸入するまではいかないですが、シャグが買える店舗をリサーチしておく必要があります。

生活圏内に無い場合があるので、まとめ買いする人も多い様ですね。

 

シャグを詰めるのがちょっとだけ面倒

紙巻きたばこは箱から出した瞬間に吸えます。

IQOSやプルームテックもほぼ1オペで吸えます。

しかしC-VAPOR3はシャグを詰める手間がちょっとだけ面倒と言えそうです。

やってみた感じでは、紙巻きたばこよりは手間は少ない気がします。

慣れればそうでもないみたいですが。

 

充電するのがちょっとだけ面倒

加熱式タバコ全てに共通する事ですが、充電が必要です。

吸おうと思ったのに充電が切れてる!なんてこともあるかもしれません。

ヘビーユーザーは2台持ちしてるらしいですが、コストはかかりますよね。

 

何度も使用するのでちょっとだけ不衛生

マウスピースを洗わずに何度も使用したり、何度もシャグを詰めるので衛生的には良くないです。

マウスピースだけでも、定期的に洗った方が良さそうです。

 

まとめ

今回は最新ヴェポライザー、WEECKEのC-VAPOR3を試してみた感想を記事にしました。

 

節約出来るとは言えどもお金はかかるし、健康被害もゼロではないので、禁煙するに越した事は無いかもしれません。

しかし禁煙するつもりはない!でもちょっとは節約したい!という方は検討しても良いかと思います。

 

今回はWeeckejapanさんにきっかけを頂きまして記事にさせて頂きました。

ありがとうございました!

 

またレビューなどやってみたいと思っていますので、お気軽にお問い合わせフォームから連絡下さい!

 

 

関連記事です。

私は禁煙成功しました。また1年達成したら記事にしようと思っています。

www.kyoopees.net

 

おすすめ商品のレビューまとめ記事も書いてます。 

www.kyoopees.net

 

自己紹介記事です。

www.kyoopees.net

 

続きはWebで。